2006年07月13日

姿勢性症候群にならない姿勢

今回は姿勢性症候群の記事で書いた、様々な症状にならないための姿勢をご紹介しようと思う。

基本的に姿勢性症候群での姿勢というのは、座っている姿勢である。パソコンを操作している場合は大体座っているのだから、まあ当たり前だ。したがって座っている時の姿勢を何とかすればいいということになる。もちろん猫背の人は歩いているときでも気をつけたほうがいいのだが、とりあえずそっちは考えないことにする。

ではならないための姿勢、すなわち良い姿勢とはどういうものか。それには悪い姿勢を考えれば簡単である。ではでは、悪い姿勢というのはどういうものなのか。例えば、電車の中で茶髪のにーちゃんがケータイいじりながら、ずりーっと前にずり下がりながらお尻というより腰というより背中で座っている、こんな風景(偏見が結構入っているかも)を思い出していただきたい。あれこそが悪い姿勢なのである。どうだろう、頭にイメージが思い浮かびましたかな。後は簡単、こんな座り方ではない座り方をすればいいのである。

まず、座るときは坐骨(お尻と太ももの間にあるこりっとした骨)と尾てい骨の3点で座る。決して仙骨や腰などで座らない。そしてその3点の真ん中に重心が来るように調節する。その次にお腹を伸ばす。腰を伸ばすのではない。まあお腹を伸ばしたら腰も伸びるのであるが、意識としてお腹を伸ばすようにする。その際、背骨の腰の部分の両脇に筋肉があるが、そこを触って固くなっていなければ大丈夫である。逆に姿勢を良くしようとして、腰をピンと伸ばすと、大体において両脇の筋肉が固く盛り上がっている。お腹を伸ばした場合と腰を伸ばした場合で、その部分の筋肉がどう違うか少し試してみて欲しい。

そのままとんとんと、体が上に積みあがっていくイメージで胴体をまっすぐにする。首は前に出ないよう意識して、顎をひく。肩もなるべくなで肩になるよう、力を抜くというより下に引き下げるようにする。
こうした上で、なるべくこの姿勢が保たれるようにイスの高さや位置、キーボードやディスプレイの位置などを調整する。

以上で終わり。最初はなかなかしんどいものだが、1週間続けると慣れてくる。しかもこの姿勢でいると、偉そうで貫禄があるように見えるといううれしい?おまけがついてくる。ぜひトライしてみていただきたい。
posted by はんなり治療院 at 22:47| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 治療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

4連発

一人目
「昨日の晩から急に腰が痛くなってきて…。」

二人目
「今朝急に頭と首の後ろ側が痛くなって、今日は大変でした。」

三人目
「今朝起きたら、肩甲骨の内側が痛くって…。」

四人目
「寝違えましたっ!。首が動きませんっ!。」

どうしたことだろう。
昨日から急に痛くなったという患者さんが、今日だけで4人来られた。中でも一人はえらいきっつい寝違えになっておられた。

共通しているのは、今朝からということである(一人目は明け方に痛くなったそうである)。ということは寝ているときが一番怪しい。実際詳しく聞いてみると、みなさん寝ている間にフトン蹴っ飛ばして?身体を冷やしたようである。確かに今の気候は微妙で、寝付くときは結構暑いのだが、明け方辺りはかなり冷える。そんな中、布団かけずに寝ていたら、そら身体をどっかおかしくしまっせ。

寝相が元気な人や、暑がりな人は気をつけていただきたい。といっても寝てる間は気をつけようがないが、せめて暑いときはタオルケットに替えておくとか、胴体だけでも布団をかけておくとかはしておいたほうがいいと思う。

また不幸にして、寝違えや背部痛(肩甲骨の内側など)になった場合は、痛さが増すような動作をせず、温熱シートでも貼り付けて温めて過ごすことをお勧めする。もちろん行けるようであれば、お近くの治療院で治療を受けるのが一番である。こういうのは下痢と並んで、一日の憂鬱度が高くなるので、気をつけてお過ごしいただきたい。
posted by はんなり治療院 at 23:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

姿勢性症候群

みなさんは姿勢性症候群という言葉をご存知だろうか。

こちらの記事などで解説してあるが、要はPCにもたれかかるような前傾姿勢を長時間続けていると、第4〜第6胸椎の椎間板の間隔が狭くなり、腕や背中に痛み、しびれなどの症状が出るというものである。

確かに首こりや肩こりでいらっしゃる患者さんは、たいてい1日中パソコンに向かって仕事をしていて、私は個人的にパソコン凝りと呼んでいるのだが、身体に共通かつ特有の所見がある。だからといって、上記の姿勢性症候群そのままかというとそうとも思えない。
じゃあどうなのかというわけで、パソコン凝りになる人の特徴を挙げてみようと思う。

1.基本姿勢は猫背
ほとんどの人が仕事中は猫背になっている。上記記事のもたれかかるような姿勢というのはこの猫背のことを指しているのではないだろうか。

2・あご突き出し
猫背ということは首が前に傾いている。そのまま首の傾きに従うと顔は下向きになる。が、パソコンのディスプレイは正面にあるので、見ようとすれば顔を上げなければいけない。結果としてあごを前に突き出して、首を後ろに折り曲げた姿勢になる。

3.いかり肩
イスや机の高さも関係してくるのであるが、猫背になると肩の位置が低くなる。背中が曲がってんだから、背筋を伸ばした姿勢より低くなるのは当然である。また、キーボードなりマウスなり操作しているときは、前腕(肘から手首まで)は机にのっかっている。したがってこの体勢で肩を低くすると、腕は机にめりこまないのだから、いきおい肩が持ち上がらざるをえない。すなわちいかり肩になる。

4.お腹の圧迫
猫背なので、当然お腹も折り曲がっている。とうことは腸が圧迫されていることになり、胃腸の調子も悪くなるしガスも溜まりやすくなるし、過敏性腸症候群につながることになる。

細かい特徴はまだまだあるが、おおまかにはこんなところである。これをお読みのみなさん、肩の真上というより肩甲骨よりが凝ってませんか。肩甲骨の内側も凝ってませんか。また首の頭よりの後ろ側にコリコリした、固まりみたいなのがないですか。
もしあれば、これらの姿勢が原因で凝りとなって、苦しめられているわけである。他にもキーボードをうっている姿勢での腕の上側が重かったりだるかったりしびれたりもこの姿勢が原因のことが多い。

というところで、対策や治療に関してなんかは次回に。
posted by はんなり治療院 at 21:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 治療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

患者さん

「鍼灸院って、おじいさんおばあさんが行くところだと思ってた。」

患者さんと話していると、こんなことをよく聞く。ところが当院の患者さんの主な年代は、営業時間帯(平日午後3時〜午後9時)のせいか、20代後半から30代あたりである。なおかつ8割以上が女性である。

いやあ女性は強いですな。鍼灸に抵抗のない人が多いし、怖がっていた人でも実際に受けてみると「あ、全然OK!じゃあお願いします。」ってな感じで痛みに強いというか度胸があると思う。
男性は、まあ鍼灸院に来る時点で覚悟は決まっているのだろうが、やはり痛みには弱い印象がある。聞いてみても「大丈夫です、ガンガンやってください。」などと言ってもらえるのだが、呼吸は浅くなっているし背中にじっとり汗をかいているしで、緊張してるんだなあと思いつつ、でもお言葉通りガンガンにやったりしている。

というのも、みなさん結構せっぱつまっていらっしゃる方が多いんですな。腰痛にしろ、ホームページに載せている過敏性腸症候群にしろ、病院や接骨院、整体などをまわって、でもどうにもならなくて来院されるというパターンが多い。最初のセリフを言った人もあちこち巡って、悩んだ末にいらっしゃったのだった。もっと早く、もっと気軽に利用してもらえばなあと思うのだが、現実はラストチョイスになるようである。
みなさんも、つらさ解消の選択肢にぜひ鍼灸を入れてみてほしい。まあ合わなかったら仕方ないが、一度は試してみていただきたい。
posted by はんなり治療院 at 22:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニューアル

長らくほったらかしにしていたこのブログ、デザインを変えて文体も変えて心機一転出直すことにした。

最初は患者さん向けの情報を提供しようと思っていたが、どこまで書いていいやら迷ってしまい、結果更新が滞ってしまっていた。今後は特に限定することなく、気のおもむくままに書いていくつもりである。
posted by はんなり治療院 at 21:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

成人式

今年も成人式、荒れたところが多かったようですね。こういうニュースを見聞きするたび、税金使ってまでやることないのに、廃止にすればいいのに、と思ってしまいます。同じ思いの人も多いようで、ブログなど見て回っているといろいろ批判されていますね。まあ成人式そのものというより一部のやんちゃしている成人への批判が多いですが。ただ彼らを批判しても来年からは成人式には来ませんからねえ。成人式というシステムか19歳の成人予備軍の人達を何とかせんかぎり、来年も同じ騒ぎになりますわなあ。

そんな中でもサスケ議員でしたっけ、クラッカー鳴らしたかなんかしたバカ成人を退席させようとしたそうですが、よくやったと思います。そのバカ成人も実は結構うれしかったりしたんじゃないでしょうか。お、こいつは真剣に向かってきたぞという感じで。彼らが暴れるのもどうせ見て見ぬ振りするんだろう、やれるものならやってみろと思っているでしょうし、またその根底には注目してほしい、構ってほしいという心理もあるのでしょう。
参考サイト 「成人式 新成人大暴れ !? の 心理」

成人式の由来を調べると大体こんなところのようです。これじゃあもう開催する意義もそんなにないんじゃないだろうか。そもそも成人とか言って、本人も周りも成人扱いしてない場合も多いし。個人的には年齢に関わらず、初就職を成人式にしていいんじゃないかとも思います。

ちなみに私の成人式はどうだったかといいますと、バイト中で式には参加しませんでした。大学の学費を出してもらっていましたし、お小遣いはバイトでまかなってましたので、休むことは考えられませんでした。当時は焼肉屋でバイトしていて祝日は混みましたしね。そもそも学生で親のすねかじりじゃ成人もへったくれもないだろうと思ってました。したがって卒業すると同時にさっさと実家を出て東京に来ましたし、東京に向かう新幹線の中でようやく今日から成人だなどとつぶやいておりました。うーん、懐かしいなあ。

そういえば成人式に出席した友人から、式の後行ったカラオケではみんな演歌を歌っていたということを聞いて、みんな大人になったんだなあと感じたことを思い出しました。やはり式よりこんなところで成人を感じるんですな。

posted by はんなり治療院 at 16:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。(タイトル続き)

お正月も終わり、もう仕事が始まっている方も多いと思いますが、体調はいかがでしょうか。
私は年末から昨日まで毎日飲み続けでした。摂取飲料のほとんどがビールと日本酒だったような気がします。いつもはそんなに日本酒飲まないんですが、最近体調が良くっていつもならもう打ち止めだっていう量を飲んでも全然平気だったんですな。寒いと調子良くなるのかなあ。

寒いといえば、正月には私の実家へ行っておりましたんですが、滋賀は寒かった。お隣の京都市もそうなんですが盆地は冷えますね。足元から地面へ熱を吸い取られる感があります。実家にいたころは東京は方角的に東北になるのでここより寒いだろうと想像していましたが、来てみると暖かい!。そもそも雪ちっとも降らないし。しかし東京出身の妻によると東京のほうが寒いらしいです。寒さの種類が違うんだろうか。

余談ですが、私の実家のお雑煮は白味噌に丸餅を入れて鰹節をふりかけた京都風のお雑煮です。白味噌なんで甘いです。具は餅だけで他は何にも入ってません。…というとたいてい驚かれますが、私は物心ついたときからお雑煮といえばこれだったんで、むしろ関東のお雑煮を見たときあまりの違いにびっくりでした。こういう場合大体身びいきになるもんでして、実家ではお雑煮は赤い器を使用してましたので、これで紅白になっていかにも正月に合っている、その点関東のは大体黒塗りの器なので暗くていけないなどと主張しておりました。しかし結婚した後我が家のお雑煮は当然のごとく関東風になり、妻の「お雑煮はこれでしょ」の言葉に反論できるわけはなく、「そうだよな、お雑煮といえばこれだよな」と同意している自分がいるのでした。

とりとめのない話になりましたが、今年もまたみなさんが健康で過ごせるようがんばりますので、よろしくお願いします。
posted by はんなり治療院 at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

今年はお世話になりました

お久しぶりの更新となります。

いよいよ今年もあとわずか、大掃除もそろそろ終わってみなさんくつろいでいらっしゃいますでしょうか。そういえば会社員時代、何度か会社で年越しそばを食べたことがありました。今となってはいい思い出?ですが、もう経験したくないですなあ。

今年はんなり治療院をオープンしまして、いろいろな方にお世話になりました。本当にありがとうございました。またご来院くださった方、ありがとうございました。その後の調子はいかがでしょうか。お正月は飲食が過ぎたり、旅行などで身体が疲れたりしますので、お気をつけてお過ごしください。

それではよいお年をお迎えください。
2006年もはんなり治療院をよろしくお願いします。
posted by はんなり治療院 at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

チャングム読了

以前紹介したチャングムですが、とうとうこちらの

4150410704チャングム〈1〉宮廷篇
キム サンホン 米津 篤八

早川書房 2004-10
売り上げランキング : 16,288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小説版全3巻を買ってしまい、さらに全部読み終えました。

NHKで放送していたのを見て感銘を受け、ついに小説まで手を出したわけですな。
小説版も2種類あり、テレビに忠実なのとオリジナルなのとどちらにしようか迷ったんですが、テレビ版ならテレビを見ればよかろうということでオリジナルのほうにしました。

結果として、まあまあよかったです。端的にいえば、単なる才色兼備のヒロインの立身出世物語ですが、そこはあまりなじみのない韓国の宮廷の風俗と随所にある東洋医学の知識と、何よりテレビの女優さんのイメージにより面白さ3倍増しで読めました。

ストーリーなどは大まかな流れは同じですが、それ以外はかなり違うと思います。一番違うのは、こっちの小説には性的な表現がばんばん出てくるというところですかね〜。例えば宮廷の女官は王と添い遂げる(?)ことになっているそうなので、処女かどうか検査する場面がでてきますし、宦官になるための手術のやりかたとか、まあいろいろ出てきます。必然性があるかはともかく、現実的とは感じました。

残念ながら、鍼灸に関してはほとんど記述はないですが、東洋医学の考え方や人を治療することへの厳しい心構えなど、参考になることも多かったです。興味をもたれた方、ぜひ読んでみてください。
posted by はんなり治療院 at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

経理は大変

久しぶりの更新になりました。

このところ、帳簿の作成で四苦八苦しておりました。会社なら専門の人がいたり税理士さんに頼んだりするのでしょうが、何せこっちは零細個人自営業。自分でできそうなら何でもやらないと、この先やっていけません。

しかし、経理の言葉は難しいですなあ。仕訳とか貸方借方とか何のこっちゃです。青色申告の申請をしてしまったのでそうも言っておられず、本やネット検索、最後には人に聞きまくって作業しておりました。

こうしてみるとパソコンが分からない人の気持ちが分かりますねえ。自分元プログラマーなのでパソコンは大体分かります。したがって人からいろいろ聞かれたりするわけですが、つい面倒くさくなって冷たい態度とったり、本を渡してこれ読めば分かるからですましたり、今思い返すと申し訳ないことしたなあと反省しております。

…でもやっぱりすぐ聞かず、できるだけ自分で調べてからにしてほしいなあ。試行錯誤してから聞いたほうが身につきますしね。すぐ聞くとすぐ忘れるもんです(経験あり)。

それにしても個人事業の経理の本、どれも開業時の処理の仕方のってないですね。どーゆーこっちゃ。この類の本買う人は大体開業した人だと思うんですが。何年も事業やってる人は分かってるだろうし。何でだろう。
posted by はんなり治療院 at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。