2008年11月10日

レビュー:花王めぐりズム 蒸気の温熱シート




なんだかよくわからない名前が付いているが、早い話これは肌に直接貼れるカイロみたいなもんである。発売して間もない頃街頭で配っていて、何気なしに受け取ったのだが、そのときは仕事へ行く途中でなおかつお腹をくだしていて大変不調であった。治療中にそんなにぽんぽんトイレに行くわけにもいかない。そこでだめもとで、こいつを下腹に貼ってみたら、じわっと温かい!気持ちいい!、でお腹も無事落ち着いて仕事を終えることができた。すばらしい!

ということで病みつきになって、お腹以外にも肩、背中、腰などに貼りまくって試してみたら、結構効くんですな。肩こりや腰痛、軽い寝違えなどはずいぶん軽くなる。服に貼っつけるカイロだと熱すぎることがあるし、肩に貼るには無理がある。その点これは肌に貼るので、どこでも大丈夫である。熱自体も蒸気を含んでいるので、肌が乾燥することなくじんわりと浸透する。

とまあ褒めまくっているが、欠点もある。ひとつは粘着部分が周辺にしかないので、はがれやすいことである。なるべくピンと伸ばして貼るとはがれにくいのだが、肩などよく動く部分はやはりゆるんできてしまう。もうひとつは、この蒸気温熱パワーに限ったことではないが、使い続けていくと肌がかぶれる場合があることである。2〜3日に1回くらいならまず問題ないが、毎日貼っていてかゆみを感じたらいったん止めた方がいい。


お勧めの使い方として
肩こり(特にデスクワーク) この温熱シートは発熱部分が2つに分かれている。向きを垂直方向にして上半分を肩の後ろ側、肩甲骨の内側の角っこと首の付け根を結んだ線上に貼り付け、そのまま下半分が肩甲骨の内側に来るように貼る。パソコンの使いすぎ、勉強のしすぎでの肩こりにぜひ。

腰痛 痛みの場所にもよるが、お尻と腰の境目か、一番下の肋骨から背中方向へ指圧していって凝っているなーと感じたところに貼るといい。

下痢、生理痛 下腹部に一枚、反対側の仙骨部(おしりの上半分)に一枚とサンドウィッチ状に貼る。お腹がぽかぽかと温かくなり血行も良くなって、症状が軽くなる。

便秘 お腹を右下腹部−おへその上−左下腹部と順に押していって、一番いやな感じがしたところに貼る。即効性はないが、腸がきちんと動きやすくなる。

膝痛 痛みが出ているところ、年配の方に多い変形性膝関節症なら外側と内側にはさむようにして貼ると楽になる。ただし炎症がある場合は絶対貼らないようにする。熱感があるとか赤く腫れている場合は貼ってはだめ。

寝違え 上記肩こりと一緒。ただ痛みが背中よりだったり首よりだったりするので、位置を調整して貼るといい。


最近モデルチェンジしたらしく、少し貼りやすくなって時間も長く持つようになったようだ。また腰用やアイマスクなどいろいろ種類が出ている。一度お試しを。
posted by はんなり治療院 at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。