2008年11月21日

よくわかる 過敏性腸症候群

よくわかる過敏性腸症候群―お医者に行く前にまず読む本 (わが家のお医者さんシリーズ 17)よくわかる過敏性腸症候群―お医者に行く前にまず読む本 (わが家のお医者さんシリーズ 17)
三枝 小夜子

一灯舎 2008-05
売り上げランキング : 247059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2008年発行のまだ新しい本。コンセプトは「過敏性腸症候群はここまで治る」と一緒で、消化管の説明からIBSの説明、検査や治療についての解説など一通り網羅している。
特徴は、カラーイラストをふんだんに使っていて見やすいのと、元がイギリスの本の翻訳のため、どうも外国書の雰囲気になっていることである。もちろんそのまま持ってきたのではなく、日本の実情に合わせているそうだが日本人としてはちょっと違うんじゃないかいう記述が結構ある。

とりあえず「過敏性腸症候群はここまで治る」と比べてみると、
・消化管の説明や検査の説明は、こちらのほうがイラストが豊富で分かりやすい。
・症状は便秘と下痢だけで、ガスなどは関連症状としてひとまとめにされていて、記述は少ない。どうも最近は便通異常が無いとIBSと言わないそうなので、これはこれで正しいのかも。
・治療法の記述は少ない。特に「過敏性腸症候群はここまで治る」で力を入れていたライフスタイルや精神的な対策があまりない。まあこれはこの本の著者が消化器専門医で「過敏性腸症候群はここまで治る」の著者が心療内科医だからだろう。
・イギリスの人は便秘が多いのだろうか。便秘は24ページ、下痢は11ページ、ずいぶん差がある。
・関連症状は多彩に取り上げているので(例えば味覚障害や直腸痛など)、心当たりのある人は読んだ方がいいかも。

評価したいのは巻末にある症状の記録表?で、月日や便の形状その他もろもろを記入するようになっている。この自分の症状を客観的に把握するのはとても重要で、こういう記録があると自分のクセというかパターンが結構分かってくるものだ。例えば症状が出るのは主に昼食後とか、休日は平気だとか、下痢になるのは午前中がほとんどだとか、実際につけてみるといろいろ発見できるわけである。

まあこの本は検査について知りたいとか、便秘で悩んでいる人には読まれることをおすすめする。それ以外だと「過敏性腸症候群はここまで治る」を読む方がいいと思う。
posted by はんなり治療院 at 23:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。