2008年11月10日

書評:過敏性腸症候群はここまで治る

過敏性腸症候群はここまで治る過敏性腸症候群はここまで治る
伊藤 克人

主婦と生活社 2003-07
売り上げランキング : 16428
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


過敏性腸症候群(以下IBS)の一般向けに書かれたものとしては嚆矢とも言える本で、自分はIBSなのではと思われたらまずこの本を読んでほしい。基礎知識として一通りのことが書いてある。実際AMAZONで「過敏性腸症候群」で検索するとトップに来るし、初版2003年でありながら未だ1番人気である。

簡単に内容を説明すると、
第1章 IBSについての解説や間違えやすい他の病気の説明など
第2章 IBSの検査についての説明
第3章 治療方法についての説明、薬と心理的な治療法
第4章 生活習慣からの対策
第5章 食生活からの対策
第6章 いろいろな症例を挙げて、解説と対策を説明

特に読むべきは第1章と第2章である。最近は自分の症状をネットで調べているうちにIBSというキーワードにたどり着いたという人が結構いるが、その場合基礎知識をすっとばして対策などの情報に飛びつきがちである。まあ実際困り果てているわけだから無理からぬところであるが、その前にぜひIBSとはどういうものか理解しておかないと他の病気と間違えていたり、的外れな対策をとってしまったりする。ただガス型についてはさらっとしか触れていない。一応第6章にガス型の人の症例が載ってはいるが、対策は薬を飲むこととリラックスするということなので、現実に困っている人にはあまり参考になりそうにない。。

対策と言えば、この著者の先生も薬だけでは難しいと思っていらっしゃるようで、自律訓練法や食生活を含めた生活習慣の注意点などにかなりページを割いてある。実際そんな生活していればお腹が無事なわけがないという患者さんが結構いらっしゃって、よく驚かされる。以前夏に下痢で悩んでいる方がいらっしゃったが、入ってくるなり暑い暑いを連呼して勝手にクーラーの設定温度を限界まで下げてしまい、呆然とさせられたことがあった。聞けば自宅では常に一番下の設定温度でクーラーを使いまくっているとのことで、案の定背中もお腹も冷え切っている。そりゃあ下痢にもなりまっせ。このように生活習慣に原因が含まれていることが多いが、案外気づいてない人もいるので、ぜひ一読されて見直してみてはいかがだろうか。

総合的にみてお薦めの本である。便秘型や下痢型の人はいろいろ参考になることが多いだろうし、ガス型の人もまずこれを読んで基礎知識をつけるのがいいと思う。

posted by はんなり治療院 at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レビュー:花王めぐりズム 蒸気の温熱シート




なんだかよくわからない名前が付いているが、早い話これは肌に直接貼れるカイロみたいなもんである。発売して間もない頃街頭で配っていて、何気なしに受け取ったのだが、そのときは仕事へ行く途中でなおかつお腹をくだしていて大変不調であった。治療中にそんなにぽんぽんトイレに行くわけにもいかない。そこでだめもとで、こいつを下腹に貼ってみたら、じわっと温かい!気持ちいい!、でお腹も無事落ち着いて仕事を終えることができた。すばらしい!

ということで病みつきになって、お腹以外にも肩、背中、腰などに貼りまくって試してみたら、結構効くんですな。肩こりや腰痛、軽い寝違えなどはずいぶん軽くなる。服に貼っつけるカイロだと熱すぎることがあるし、肩に貼るには無理がある。その点これは肌に貼るので、どこでも大丈夫である。熱自体も蒸気を含んでいるので、肌が乾燥することなくじんわりと浸透する。

とまあ褒めまくっているが、欠点もある。ひとつは粘着部分が周辺にしかないので、はがれやすいことである。なるべくピンと伸ばして貼るとはがれにくいのだが、肩などよく動く部分はやはりゆるんできてしまう。もうひとつは、この蒸気温熱パワーに限ったことではないが、使い続けていくと肌がかぶれる場合があることである。2〜3日に1回くらいならまず問題ないが、毎日貼っていてかゆみを感じたらいったん止めた方がいい。


お勧めの使い方として
肩こり(特にデスクワーク) この温熱シートは発熱部分が2つに分かれている。向きを垂直方向にして上半分を肩の後ろ側、肩甲骨の内側の角っこと首の付け根を結んだ線上に貼り付け、そのまま下半分が肩甲骨の内側に来るように貼る。パソコンの使いすぎ、勉強のしすぎでの肩こりにぜひ。

腰痛 痛みの場所にもよるが、お尻と腰の境目か、一番下の肋骨から背中方向へ指圧していって凝っているなーと感じたところに貼るといい。

下痢、生理痛 下腹部に一枚、反対側の仙骨部(おしりの上半分)に一枚とサンドウィッチ状に貼る。お腹がぽかぽかと温かくなり血行も良くなって、症状が軽くなる。

便秘 お腹を右下腹部−おへその上−左下腹部と順に押していって、一番いやな感じがしたところに貼る。即効性はないが、腸がきちんと動きやすくなる。

膝痛 痛みが出ているところ、年配の方に多い変形性膝関節症なら外側と内側にはさむようにして貼ると楽になる。ただし炎症がある場合は絶対貼らないようにする。熱感があるとか赤く腫れている場合は貼ってはだめ。

寝違え 上記肩こりと一緒。ただ痛みが背中よりだったり首よりだったりするので、位置を調整して貼るといい。


最近モデルチェンジしたらしく、少し貼りやすくなって時間も長く持つようになったようだ。また腰用やアイマスクなどいろいろ種類が出ている。一度お試しを。
posted by はんなり治療院 at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。