2006年07月13日

姿勢性症候群にならない姿勢

今回は姿勢性症候群の記事で書いた、様々な症状にならないための姿勢をご紹介しようと思う。

基本的に姿勢性症候群での姿勢というのは、座っている姿勢である。パソコンを操作している場合は大体座っているのだから、まあ当たり前だ。したがって座っている時の姿勢を何とかすればいいということになる。もちろん猫背の人は歩いているときでも気をつけたほうがいいのだが、とりあえずそっちは考えないことにする。

ではならないための姿勢、すなわち良い姿勢とはどういうものか。それには悪い姿勢を考えれば簡単である。ではでは、悪い姿勢というのはどういうものなのか。例えば、電車の中で茶髪のにーちゃんがケータイいじりながら、ずりーっと前にずり下がりながらお尻というより腰というより背中で座っている、こんな風景(偏見が結構入っているかも)を思い出していただきたい。あれこそが悪い姿勢なのである。どうだろう、頭にイメージが思い浮かびましたかな。後は簡単、こんな座り方ではない座り方をすればいいのである。

まず、座るときは坐骨(お尻と太ももの間にあるこりっとした骨)と尾てい骨の3点で座る。決して仙骨や腰などで座らない。そしてその3点の真ん中に重心が来るように調節する。その次にお腹を伸ばす。腰を伸ばすのではない。まあお腹を伸ばしたら腰も伸びるのであるが、意識としてお腹を伸ばすようにする。その際、背骨の腰の部分の両脇に筋肉があるが、そこを触って固くなっていなければ大丈夫である。逆に姿勢を良くしようとして、腰をピンと伸ばすと、大体において両脇の筋肉が固く盛り上がっている。お腹を伸ばした場合と腰を伸ばした場合で、その部分の筋肉がどう違うか少し試してみて欲しい。

そのままとんとんと、体が上に積みあがっていくイメージで胴体をまっすぐにする。首は前に出ないよう意識して、顎をひく。肩もなるべくなで肩になるよう、力を抜くというより下に引き下げるようにする。
こうした上で、なるべくこの姿勢が保たれるようにイスの高さや位置、キーボードやディスプレイの位置などを調整する。

以上で終わり。最初はなかなかしんどいものだが、1週間続けると慣れてくる。しかもこの姿勢でいると、偉そうで貫禄があるように見えるといううれしい?おまけがついてくる。ぜひトライしてみていただきたい。
posted by はんなり治療院 at 22:47| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 治療一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。